利用者様の声

 川鶴グループ各施設の利用者様にお話を伺います。

利用者様の声 上野台の里

本多 悦子 様

いろいろなひととおしゃべりができて本当に楽しいです。

 去年の12月から上野台のデイサービスに通い始めました。
 東京都中央区日本橋の出身で、日本橋は便利な所だったので、自転車にも車の運転にも縁がありませんでした。
 結婚して上福岡に越してきました。子供が小さい頃は団地暮らしでしたが、大きくなり、今住んでいる駅近くの戸建てに引っ越しました。現在、一人暮らしです。
 一人暮らしなので、一人で家にいてもつまらないし、いろいろなひととおしゃべりができて本当に楽しいです。自転車も乗ることができないので、こうやって車で迎えに来てもらえて、楽しく過ごせて本当にデイサービスに通ってよかったと思っています。イベントにもほとんど全部参加しています。
 上福岡駅から川越街道に向かって走っている「富士見通り」からは、富士山がきれいに見ることができます。この富士山の景色を見ながら、いつもデイサービスに通っています。電線が無ければなお良いのですが!

ページ先頭へ

利用者様の声 鯨井ナーシングホーム

長谷部 治子 様

レクリエーションをしている時が幸せ

 入居しながら併設のデイサービスを利用しています。
 鯨井ナーシングホームに来たばかりの頃は、施設で生活をする経験があまりなかったため、時折戸惑うご様子も見られましたが、現在は、職員の手助けにより徐々に慣れてきています。
 以前は塗り絵等、ご存知なかったそうですが、他の利用様と会話をしながら色々なことを楽しまれております。
 「レクリエーションをしている時が幸せ」「しりとりなどしたことがなかったので、このようなことを考えてくれるスタッフの皆さんのお陰です。」「職員に対し、感謝の気持ちでいっぱい。」等と話されておりました。
 デイサービスや普段の生活でもやる気が出てきたようで、「漢字検定とか挑戦してみたい」と今後の目標を笑顔で話されておりました。このような挑戦をいろいろな形でサポートしていければと思っています。

ページ先頭へ

利用者様の声 はつかりの里

岡本 ふゆ子 様

今はハーモニカにチャレンジしているのよ

 98歳、要介護1です。はつかりの里開設の平成25年5月より入所して頂いております。
 若い頃からお花が好きで、今でもそれは変わらないと話されます。入所当初は、はつかりの里の屋上にある花壇の手入れをして下さり、きれいなお花を育てて下さいました。
 「動いているのが好きなの」と言われるとおり、はつかりの里で行っている書道クラブ、手芸クラブ、華道クラブに毎回参加して下さいます。
 元気の秘訣をお聞きすると、「今はハーモニカにチャレンジしているのよ」と楽しそうに答えてくれました。
 朝起きるとベランダのパンジーを見に行き、そのあとお部屋で習字を2枚お書きになり、テーブルの花瓶に水をやり、食事の後はお茶碗を洗って下さいます。
 同じフロアの方との会話も楽しみの一つで「毎日楽しいわよ」と笑顔でした。
 色々な趣味をお持ちで、”体を動かす事が元気の秘訣”なのだと、お話をさせて頂きながら感じとれました。

ページ先頭へ

利用者様の声 鶴ヶ島ナーシングホーム

野崎 うめ 様

色々なことにチャレンジしたい!

 H28.9.30 鶴ヶ島ナーシングホーム入所。
 脳出血後遺症の為、左片麻痺あり車椅子で過ごされております。
 そのため、1日2回、下肢筋力が落ちない様に廊下にて歩行訓練、筋力アップトレーニングを行われております。

 何事にも積極的で、他入居者様との交流を図られ、また毎日ぬりえや漢字練習を行われ、レク活動にも毎回参加されております。

 「デイ・入居合同レクはデイ利用者の方々と交流ができて、とても楽しいです。」
 「毎回楽しいイベントを開催してくれて、感心しています。作成したカードや頂いたメダルなどは、部屋に飾っていますよ。」
 「先日息子が来た時にクリスマスリースを見せたら、可愛いのができたね。と褒められました。」と笑顔でお話されていました。

ページ先頭へ

1234次へ進む