管理栄養士ってどんな仕事をしているの??

①施設の食事について

 季節に合わせた行事食や、おやつ作りの企画を行っています。
 高齢者ならではの特性(噛みづらい、飲み込みづらい、味の好みなど)を踏まえて、どの方にも安全でおいしく喜んでもらえる献立を実際に調理をする給食会社と施設の栄養士が一緒に考えています。

○食事形態の種類について

 大きく分けて4つの食事形態が用意されています。 (その他、パン食等のご用意もあります)
 ①普通食 ②刻み食 ③極刻み食 ④ペースト食
 その方の口腔状態(入れ歯の有無や治療中等)や体調に合わせて、食事形態の見直し(変更)を行います。

○食事の一例

 (ご飯・みそ汁・あじフライ・じゃが芋の煮物・もやしと水菜の和え物)

①普通食
普通食

②刻み食
刻み食

③極刻み食
極刻み食

④ペースト食
ペースト食

○おやつ作り(おやつレクリエーション)

 誰でも美味しい物が食べたいって思いますよね??
 施設では季節の食材を使った、おやつ作りを毎月行っています。
 利用者様からのリクエストや旬の食べ物をおいしく食べられるようメニューを考えています♪

②栄養ケアマネジメントについて

 日々の栄養管理として栄養ケアマネジメントがあります。
 全入所者を対象に管理栄養士が一人ひとりの栄養状態や健康状態などをみて、食事量や食事形態などオーダーメイドの栄養計画を立てます。
 それに沿って他スタッフと一緒にチームケアを行っていきます。

○どんなことをチェックしているのか? 食事中の様子を確認(食事介助含む)

 食欲があるか?むせ込む事無く食べられているか?など、一人ひとりのご様子を看護師や介護士と共に確認をしています。
 必要に応じて、一人では召し上がれない方のお手伝いなども行っています。

○栄養ケア計画書を作成

 入所者様の食事の様子や食べた量等を確認し、一人ひとりに応じた栄養計画を立て、ご本人やご家族に現在の状況や今後の方針をご説明します。

 このような事を概ね3ヶ月毎に見直しを行い、
 より良い健康状態が保てるよう支援をしています!

ページ先頭へ

前へ戻る1234